おひさしぶりでございます

どもども~ おひさしぶりでございます。

今日からブログを再開したいと思います。

突然の休止で申し訳ありませんでしたm(__)m

マイワイフに無断で写真やネタを使ったのを叱られまして・・・

記事を整理する時間も無く・・・休止とさせて頂いた所存でございます。

厨二的な面白さであの方たちに太刀打ちできないので、初心に戻り

無理に厨二臭を出さずに真面目路線でいきたいと思います。

話題沸騰のおもろー風林火山商会員達によるブログは後日紹介させて頂きます。

これからも風林火山ともども宜しくお願いします。

まずは真面目な募集から。

風林火山商会では商会員を募集しております。
納品などわずらわしいものは一切なし!イベントも全部自由参加。身内模擬練習は毎週金曜日。
模擬初心者多数在籍。模擬玄人いるのか不明。模擬動画有り。なおスカイプは使っておりません。なお今度使う予定もありません。私が使えないってのが大きいですが・・・ CL低リーグ絶賛参加中でございます。WC参加はもうしばし先・・・論戦練習会、陸戦対人練習会も不定期開催。それと一応下ネタは禁止でございます。
興味をもたれた方は直接私か、最寄りの商会員へ連絡して下さいまし。コメント残して下さっても結構です。

DOLブログなのでDOLネタを一つ・・・

年明け早々こんなものを取っておりました。

ピンドル祭り1
シンザンの代名詞とも言われるピンドルでございます。んでこんなことを・・・

ピンドル祭り2

商会員にキモイと言われてしましましたがw意味なくやってしまいました・・・


ピンドル祭り3
残りのピンドルは倉庫へ(^O^)/


続きは歴史ネタでございます 興味ない方はめっさスル―でお願い致します。

※書き終えましたがめっさ長くなりましたので根性がある方のみ推奨

それと読み直す気力が無いのでおかしい部分などは目をつぶって下さると助かります><

先日ある歴史雑誌を読んだんですがこれがかなり面白い。

日本三大奇襲と言われる、三奇襲すべてを否定!川中島の戦いの啄木鳥戦法も否定という・・

斬新さ。まずは気になった桶狭間の戦いから簡単に紹介。

今川義元が2万5千の大軍を率いて信長が治める尾張へ侵攻。それを迎えるは信長軍2千人。
今川義元が桶狭間という山間の低地で休憩中、迂回してきた信長軍に急襲され今川義元が討たれ
織田軍の勝利に終わる。

ってのが一般的な桶狭間の戦い。

その雑誌では、信長の側近太田牛一が残した「信長公記」には迂回しての奇襲攻撃は描かれておらず
正面から信長率いる主力部隊が突き進んでいき、義元本陣を補足する様子が描かれている。迂回奇襲説の元となっている資料は江戸初期の儒学者小瀬甫庵の「信長記」であり、資料の信憑性を検討するとやはり「信長公記」が一番なので奇襲はなかったとしている。

ここからはただの歴史好きシンザンの考えですが・・・

「信長公記」が「信長記」より信憑性のある書物だから奇襲説は無かったとするのはいささか乱暴ではないだろうか・・・他にも色々と書いてあるがそれらの元になる資料はほとんどが「信長公記」。そもそも私の考えは「歴史は勝者が作る(創る)」であるから勝者である信長の側近が書いた「信長公記」を信頼しておりません。それに「信長公記」もおかしな点がいくつもあるんです。いくつかあげてみましょう。

「信長公記」によれば今川義元本陣は見晴らしのいいところから前衛部隊との戦闘を眺めている様子が描かれているんですが、2万5千の軍勢の本陣ですから信長率いる2千より少ない事はないでしょう。上洛を目的としているので2万5千の軍勢の多くが荷駄隊と一説にはあるが「信長公記」によれば今川家の侵攻は上洛ではなくあくまで尾張侵攻ととあるのでこの説は無し。なので2万5千の軍勢の本陣が丘の下より攻め上がってくる劣勢の信長軍に総大将が討たれることは可能性がまずない。本誌では軍勢の分散が今川家の敗因とあるが、それもよくよく考えるとおかしい。たしかに桶狭間というところは小さな山々がたくさん存在し軍勢が分散しやすい地形ではある。丘の上に本陣が無くとも前衛部隊と信長軍が戦いになればすぐさま後衛や右軍や左軍へ伝令が飛ぶはずである。もし「信長公記」に描かれているように正面衝突し義元が討たれたのであっても伝令が行きわたっていれば副将が指揮をとり軍勢を立て直すのもわけもないと思われるし、一時パニックに本陣がなっても伝令を聞いて駆け付けた他の軍が2千の信長軍を一層するのは簡単であると思う。この時の義元は馬にも乗れず輿で公家姿であったとされるからそこまで指揮系統が義元に集中していたかどうかも疑わしい。

なので今川家2万5千の軍勢が大パニックになるのは奇襲以外私は考えられないと思う。

ではなぜ勝者である信長の側近太田牛一は嘘を書いたのか・・・・
現代では「策を弄して勝つ」これが格好いいってのが一般的であるが、この時代
奇策を弄すること自体が恥ずかしい事だったのではなかったのではなかろうか・・・
それに10倍以上の敵を正面から葬ったってほうが「織田軍強し!」と宣伝にもなりますしね。


新田次郎作の「武田信玄」では今川家と手を切りたい信玄が桶狭間の戦いの絵図をかいた・・・ってことになってますけどねw

それにしてもどのゲームでもなぜか信玄はおっさん・・・なんとかならないものか・・・



 歴史は勝者がつくる、ドラマは敗者がつくる、歴史に絶対はない! 

なので皆さん一杯妄想を膨らませて歴史を楽しんで下さい^^

では戦場で会いましょうノシ
 



スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

blog復活おめでとうございます(*^▽^)/

更新楽しみにしてますよ~♪\^o^/

No title

゚+。゚(ノ゚∀゚)ノオォオォ゚。+゚
復活オメデトォヽ( ゚∀゚ )ノゴザイマス
てか・・・

あたしのブログは厨ニじゃないのですーー><
あの方と一緒にしないでくださいーーーー><
てか・・・

いやーーーーーーーーーーー><
紹介もしなくていいですーーーーーー><

厨ニさんのブログだけでよろしくです^^

No title

このまま閉鎖しちゃうんじゃないかと心配でした。
会長の厨二臭は隠しておけばいいんですね、了解です。

ギャーーー!!!!ピンドル部屋!!!!
…………罰ゲーム感加速(;ω;)ウッ
予備もありすぎ!!!

歴史話も待ってました~(^^)♪
書物では勝者に有利な話が残り、庶民間の口伝は面白いものが残る。
現代とは文字・情報の扱い方が違うから、想像の余地がいっぱいありますね。

No title

更新するのがめんどくなったんで
ブログ閉鎖しましたー^^;
なのでリンク外してください、よろしくです^^

手間かけさせてごめんなさい><

No title

言い忘れた^^;

今までリンクしててくれて本当にありがとうございました^^

返信

>だーのさん
頻繁にとはいきませんがぼちぼち頑張っていきます^^ありがとうございます~

>ミニュさん
まー閉鎖するかどうかまよったんですけどね・・・ぼちぼちやっていきます^^
歴史ネタをこれからもやっていくのでまたみにきてくだされ^^

>ネカマさん
いつも応援ありがとうございます。
ご自身のブログ閉鎖してしまうんですね・・・
まー色々とあるでしょうけどがんばっていきましょ^^
リンクの件 了解です~

No title

・・・・・><

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まさか突っ込んで来ると思わなかった。
これも奇襲の定義に当てはまりますね~!

そろそろ西国武将や大名にも日の目を><
竜造寺とか大友さんの非道行為にスポットを!!
(部下の嫁さん強奪したり)

返信

>ボニーさん
リンク復活させておきますね^^

>鍵※さん
お身体をいたわっていつまでもお元気で^^

>KUROEさん
西国武将か・・・好きな武将は数多いけど・・・
諸説がある武将や出来事が少ないんですよね~
捏造するか!!
大友宗麟は韓国の女性だった・・・大友ソニンだった・・・とか・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)