ファーガソンの罪

どもども~ よくわかりませんがなにやらアップデートだったそうでw

なんも調べてませんが少しでもみなさんのやる気がでればいいですね^^

では本題へ!!今日はサッカー話なので興味が無い方はスル―!!!

プレシーズンとはいえあのマンUが大会でいきなり優勝!!!

さすがファンハールですな^^試合はまったくみてませんがサイド攻撃一辺倒では

ないそうですw

マンUの記事で気になる点があるんですが

「モイーズが崩壊させたマンUを・・・」

このような記事を見るたびに違和感を覚えます。

 優勝したチームを引き継いでの8位・・・ 順位だけみたら崩壊させたのは

モイーズでしょう。しかし失点数だけを見てみると・・・・

優勝した年と去年の失点数はほとんど一緒。

ただし得点数が20点ぐらい低い。

ファンペルシーが働かなかった分ですw逆に言えばファンペルシーが奮迅の活躍を

みせたから優勝できたともいえる。なにが言いたいかというと崩壊させたのはモイーズではなく

ファーガソンではなかったのかということ。ファーガソン時代もDF陣はぼろぼろでしたし強豪チーム相手には

スペクタクルなサッカーはみられず・・・

ファーガソンの罪は、大失敗して引き継がなかったこと。

大監督であるファーガソンが大失敗した後ならモイーズも改革を実行しやすかったでしょう。

モイーズの移籍交渉がうまくいかなかったのはフロントの力不足だなんて言われてますが

選手たちからしたらこれから沈むチームに移籍するのはな~~ って状態だったのかもしれません。

ファーガソンの負債、ファーガソンの亡霊がいた去年のマンU・・・誰が監督でも同じ状態だったんじゃないかなと・・・

ファーガソンが負うべき負債を一手に負ったモイーズさん・・・・

これから這い上がってほしいものです><

ファンハールほどの大物ならレジェンドチームでも大改革を行えそうなんで

強いマンUが帰ってくるかもしれませんね^^ 

けども・・・香川君・・・移籍してくれw



では戦場で会いましょうノシ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)